家電バーゲン
楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ


アドバン032R







2001年4月2日

W田君が今回用意したタイヤは032R。
サイズは175-60-14。
外径が185-55と185-60の中間に位置する。
コンパウンドはソフト。
今回W田君の好意により、
テストのためハヤシのホイルごと借りて試乗することが出来た。
まず一番に気づいたのは、
トランピオの08Rと比べて、
エンジンフィーリングがなめらかに感じられること。
これは車速と回転数にずれがなく、
回転が上がるごとに車速がのびるのが心情的に、
影響を与えているのだろうか。
とにかくエンジンに負担がかかってない感じで、
振動させも軽減したように思えるほどだ。
エンジンの上の伸びも、
185-55-14より確実によい。
かと言って、下の加速感が鈍った印象もそれほどないのが不思議だ。
グリップレベルも175の割には高く、
特に縦方向、
進入のブレーキングではかなり安心して詰める事が出来る。
急激な横方向への入力には、
少し弱いようだがアングルが浅ければコントロール性は高いようだ。
しかしある一定のスリップアングルをこえると、
急にトラクションが抜けて回復に時間がかかるように感じた。
タイヤの幅とは裏腹に、
高速コーナーでの安定感、コントロール性が高いのが面白い。
しかし一概に幅だけの問題とも言えず、
コンパウンド、ホイルによるトレッドの拡大も、
大きな影響を与えてるのだろう。
トランピオよりも、
今の初号機のエンジンには032Rの方が合っていると思えた。
こうなってくると038あたりの、
185-60-14が一番良いって事になりはしないだろうか。
いい加減素直に純正サイズを試す時がきたのかもしれない。
今回あらためて、タイヤの与える影響におどろいた。
唯一路面と接触しているタイヤ。
エンジンを、シャーシを、足まわりを、
生かすも殺すもタイヤ次第なのだろうか。




back


home