家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




ADVAN A038





2000年8月4日

W田君より奪ったYOKOHAMAのADVAN A038を履いてみた。
サイズは185-55-14で加速、立ち上がりを狙った物。
コンパウンドはハードで本来、耐久レースなどで使われるものでしょう。
価格は1本13000円前後ではないでしょうか。
さて履いて走ってみた感想は...すんごい良い。
あれほどトルクが細く立ち上がりの遅かった車が、スイスイと加速します。
直線区間でも3速6千回転から7千回転までのフケ上がりが早く、
恐ろしいほどスピードがのります。
たぶん今までで一番スピード出たのではないかな。
下りでもサイズからくる効果は大きく
普段よりも高い回転数で走ることができます。
デメリットとしては、185という幅のため若干グリップが落ちるのと、
55とタイヤが薄いため(もしくはコンパウンドのせい?)
インフォメーションが薄いことでしょうか。
タイヤの特性上どうしてもリアを滑らせ弱オーバーで走ろうとするため、
失敗すると(たいてい失敗ですが)出口でカウンターを当ててしまい失速します。
それでも加速が良いため全体的にみるとチャラ。
しかし走ってて気持ちの良い、楽しいのは間違いなくこちらでしょう。
こうなってくると185-60-14も履いてみたくなりますねェ。
中間的な感じが出れば、おいしいかも。
あっデメリットをもう一つ、
タイヤとフェンダーの間が空いてしまうので車高が高く見えてしまいます。
自分の車につけると何だかチョロQのようです。
ん〜今までタイヤサイズは下り重視で195だったけど、これは今後悩むなぁ。




back


home