家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン





DM-20M





2000年9月7日

以下の文章はA/F計が購入当初から故障していた事に
気づかずに書いたものです。
悲しいかな全部無駄だったわけです。
御注意下さい

インテグラルのデジタルA/F計(DM-20M)です。
定価118000円ですが、通販で94400円で購入しました。
なぜに高いのかと言うと、
センサーの精度に理由があるようで温度に左右されず安定した
正確な数値が得られるようです。
ただしセンサー壊すと(消耗品らしい)別売で5万円みたい..
いつまでもつか参考にして下さい。
さて取り付けは純正O2センサーと交換式なので簡単です。
ただ車内に配線を引っぱり込むのが大変でしょうか。
私は助手席側から引き込みました。
電源はヒューズからとれるので楽です。

ケース1・・メイン145、スロー45、クリップ(下から)一段目
      メインもスローも自分では薄めにしたつもりでした。
      クリップは一番濃いめにふってあります。これだとアイ
      ドルでなんと11前後、ちょっと踏むと9.8になり
      その後、どこまでも固定...むちゃ濃いやん!

ケース2・・メイン145、スロー45、クリップ(下から)7段目
      メインがどうこうより、ちょっとでも踏むと9.8になる
      のでクリップを一番薄くふってみる。スローも換えたいと
      ころですが、持ち合わせがないので、エアースクリューを
      緩めてみる。で、結果アイドル11.5前後、その他七千
      回転まで10.6、加速時薄すぎるようで、息つきが起き
      12.5前後。とにかくアイドルが濃い過ぎで、お話に
      ならないみたい。急遽スロージェットを注文。

ケース3・・メイン145、スロー35!、クリップ(下から)4段目
      おかしい...スローはFCRでもっとも薄い物です。
      なのにアイドルで10.5前後。スローエアースクリューを
      回転の一番高い所にあわせようとすると、
      全部締めこんでしまいキャブ的にはスローが薄い事が分かります。
      無茶してエアースクリューを1個外してみると13前後になります。
      もしかしてキャブだとアイドル時の流速が低いので、
      空燃比は濃くなってしまうのでしょうか...

ケース4・・メイン145、スロー50、クリップ(下から)4段目
      真意を確かめるべく、スローを持ってるジェットの中で一番濃くしてみた。
      アイドルで10.3前後。キャブ的にはちょっと濃いようで
      スローエアースクリューを緩めてもあまり回転が上がりません。
      加速中はほぼ10.5前後。しかしどう考えても数値がおかしい..
      濃い過ぎるのです。一般的には13前後が良いとされてるのに、そんな数
      字見た事ありません。こうなったら、メインを薄くするしかありません。

ケース5・・メイン135、スロー40、クリップ(下から)4段目
      アイドルで安定しません、ジェット的な要因ではないかもしれませんが。
      空燃比はアイドルで10前後です。メインはちょっと薄いようで、
      7千回転ぐらいで息つきがおきます。キャブ的にはアイドルが薄いような
      それにしても数値が気に入りません。

ケース6・・メイン142、スロー45、クリップ(下から)4段目
      アイドリングで10.3前後、キャブ的には安定しています。
      加速時にアクセルちょい踏みで9.9、それから11前後になります。
      結局ケース1に近づいてますが、全体的に重いですね。
      やはりなんとかアイドリングの数値を落としたい...
      と言う事でスローエアージェットをバランスを無視して3回転もどしにします。
      そうすると、キャブはもちろんバラつきますが、アイドルの数値は
      12.4前後になります。
      これで乗ると回転落ちが悪いので乗りにくいのですが、
      あきらかに低回転がフレキシブルです。
      ここまでやって思うのはFCRというのは
      バイク用のキャブなので濃いめでバランスがとれるようになってるのでは?
      ということです。

ケース7・・メイン142、スロー45、クリップ(下から)2段目
      スローエアージェットを4回転もどしにしてみます。かなりバラつきますが、
      なんとかアリドリングします。この時数値は13前後、
      やはりこの方法が正しいのでしょうか?
      とりあえずこのまま少し乗ってみることにします。




back


home