家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


BMC Air Filter








2001年5月9日


左に見えるのがBMC
右にあるのがK&N
以前からK&Nを使っていたのだが、
長く使っていた事もありラバー部分に亀裂が入ったので、
今回、イタリアのBMCエアフィルターを購入してみた。
BMCという会社は聞き慣れないかもしれない。
そこでバイク雑誌に載ってる記事を勝手に転載させてもらおう。
「98年、フェラーリの4輪F1マシーンへ採用するため製品開発を
 始めたBMC。赤みの強いフィルター部は、4層の綿ガーゼにオイ
 ルを塗布し、エポキシコートを施したアルミネットでサンドイッチ。
 軟質ラバーによるフルモールディング法と呼ばれる一体成法は製造時
 にフィルターに染み込むラバーの量を減らして有効面積を広げている。」
なんだかんだ書いてあるが、製品はK&Nとなんらかわりはない。
ラバー部分が赤なのが特徴なぐらい。
しかし厳しく見るとK&Nにくらべてそのラバー部分の成形が雑である。
クオリティーはK&Nが上といえるだろう。
価格はBMC、K&N共に4個セットで13500円。
単品だとBMCが3500円、K&Nが4000円となる。
BMCにはTMR用もあり、
その場合差し込みのクランプ部がオフセットしていて、
干渉を避ける工夫がされてるようだ。
クランプ口径は50ミリと55ミリの2種類がある。
購入先は毎度の「ビートーR&D」0796-27-0429
BMCの日本総代理店という事もあり、
朝注文を入れたところ次の日には届いた。
FCRへの取り付けだが、
フィルターはFCRに直接付くわけではなくアダプターが必要となる。
このアダプターはビトーR&D製のアルミ削り出しを使用しているが、
1個6000円とかなり高い。
高いが見れば納得の出来なのですがね。
装着後のフィーリングは、
やはりどんなものであれフィルターを付ければ上は回らなくなり、
レスポンスは低下する傾向にあるようだ。
吸気抵抗からかアイドリングも若干下がる。
もちろんエンジン保護には一役買うのだろうが、
私は単にこのフィルターを付けたルックスが好きなだけだったりする。




back


home