FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


ダンロップD01J







2001年7月19日

今回のニュータイヤ、
ダンロップのD01Jです。
ダンロップのSタイヤを履くのは98J以来、
あのパターンは印象的だったので、
D01Jを見ると、
ちょっと物足りないでしょうか。
サイズは185-60-14、
コンパウンドはハードの一種類しかありません。
ではステアリングを握ったファーストインプレッションから。
軽いですね。
ステアリングが軽く感じます。
そのかわりと言ってはなんですが、
センター付近の反応が甘く遊びが多いようです。
ロードノイズは気にならないレベルでしょうか。
ただ、今までが履いていたタイヤが55だった事もあり、
60の腰高感は否めません。
若干、ステアリングインフォメーションも薄く感じ、
不安感があります。
では、ならしもかねて山へ。
いきなり全開はあんまりなので軽めに流します。
当たり前ですが、
グリップレベルは08Rより確実に上。
街乗りで感じた、
60からくる腰高感やステアリングインフォメーションの薄さは、
全く気になりません。
何よりサイズからくるであろう、
五千回転から上のフィーリングが心地よい。
もちろん外径の小さい55の方が早くふけるのですが、
フィーリングは一本調子で盛り上がりがなくのびがありません。
対して60だとエンジン回転にあった車速ののびがあり、
無理なくふける感じです。
少しずつペースを上げていきます。
相変わらずグリップ感は高く、
かなりのペースでも安心して踏んでいけます。
しかし、
タイヤが限界をこえスライドしたとたん、
車を失速感が襲います。
グリップが高い分、
パワーの喰われ方も大きいようです。
不用意に振り回す事は避けねばなりません。
もう一つ、
下りでRの大きいところなどを走っていると、
とっても嫌な感じになります。
身体がむずむずするような、
くすぐったいような。
そして気がつくと、
微妙にラインがずれており、
ガードレールも普段より心持ち近づいております。
どうやらタイヤが滑り出す前兆のようなのですが、
あわよくば気づかれまいと、
そんな姿勢が感じられます。
この辺とてもしたたかですね。
足元をすくわれないよう注意が必要です。
あとは29日のオートポリスで、
その真価が問われます。




back


home