FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン


RE540S






2002年3月15日

4ポッドキャリパー導入にあたり
タイヤも15インチとなった。
そこで新しいタイヤとなるのだが
予定どうりRE540Sを履いて見る事に。
15インチのサイズは
225−50−15 外径603
215−50−15 外径601
205−50−15 外径584
195−55−15 外径590
205−60−15 外径623
となる。
一般的には195−55となるのだろうが
やはり外径の大きさが気になる。
そこで意外に外径の小さい205−50が目に止まる。
幅は広く外径は小さいのだから文句ないのだが
コンパウンドはGSとS、
これに新しく追加されたGZの3種類で
ハードRの設定がない。
ちなみに新しく追加されたGZは
サーキットではまさにタイムアタック専用と言ったところで
もって1〜2週のようだ。
迷いに迷って結局購入したのは
205−50−15、コンパウンドS
初めての205サイズ
絶対的なグリップ向上によるコーナリングスピードアップと
直線でのパワーの食われ。
この二つのバランスが気になるところである。
ではまずは街乗りの印象から
今まで履いていたのがカチカチのD98Jだったため
乗った直後に乗り心地が良くなった事が分かる。
思ったほどハンドルも重くなく
それどころかセンター付近は軽いぐらいである。
ロードノイズ、わだちによるハンドルの取られはSタイヤのそれで
否応無しに気分は盛り上がり
自然と笑みがもれてしまう。
峠、サーキットが待ちどうしい..



峠・サーキットでのインプレッションは後日アップ予定


back


home