家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン











2001年2月16日

弐号機用に購入したパッドです。
価格は1台分で29000円ほど。
ストリート用という設定のなかでは高い方に入ると思います。
設定温度域は10〜500度となっており、
本当ならば街乗り、たまの峠ぐらいなら十分過ぎるでしょう。
その他、「WAVE」の広告を信じるなら、
プロジェクトμのN1000、0〜400度
プロジェクトμのN3000、0〜550度
プロジェクトμのB-FORCE、0〜400度
APロッキードEX、0〜350度
PFCストリート、常温〜550度
エンドレスのNA-Y、50〜350度
ここら辺が気になるところかな。
私が住友を選んだ理由は、
以前N川君がファミリアに付けていた時、
ダストも少なく低温からの効き申し分ない、と言っていたため。
これは一度試してみよう、と思ったのでした。
ただN川君がつけていたのはスポーツのCSというタイプで、
こちらは30〜800度となっていて、
もちろん値段もちょいと高い。
気になるのはライフが少し短いかも?ということかな。
箱を開けてみるとステッカーが付いていて、
ちょっぴり幸せを感じる。
モノクロで分からないけど色はブルー。
取り付けに関して何も特別な事はないが、
金具ってこんなに付いてたっけ?
初号機は交換するたびにどんどん部品数が少なくなり、
今ではほとんど金物は見当たらない。
もし、この金具が効きにフィーリングに関係してるとしたら...
えらいこっです。すぐに探さないと。
みなさんはどうしてるのでしょう?

さて気になるパッドの効きだが、
さすがに低温から効きます。
街乗りは快適、快適。
フィーリングはと言うと、これが『やわい』。
踏みはじめ『ぐにゃ』って感じだ。
コントロール性が良いともとれるけど、
今まで『ガツン』と効くものに乗っていたので、
違和感がある。
でもいいかな。こんな効きも。
ダストとライフ、峠でのフィーリングはおって報告いたしましょう。





back



home